お葬式の祭壇選びとセッティングを考える

お葬式の雰囲気を大きく左右するのが祭壇と斎場内のセッティングです。
従来の仏式のお葬式では、白木の祭壇をしつらえて、白い菊やゆりの花などを飾り、祭壇に向かって遺族や参列者が座るのが一般的なスタイルでしたが、無宗教であれば斎場のセッティングは自由でバラエティ豊かです。
人気があるのは色とりどりの花でつくる生花祭壇になります。
故人の好きだった花や育てていた花など想い入れのある花でアレンジするのもよく、年齢や性別により胡蝶蘭やカトレア、バラなどで気高さや華やかさを演出することも可能です。
最近はクリスタルやステンレス、ドライフラワーで作られた祭壇などもあります。
祭壇を作らずに、棺のまわりを花で囲み、その前に焼香台などを置くスタイルも好まれています。
少人数のお葬式であれば、棺を囲むように着席することも可能です。
斎場内の工夫については、メモリアルコーナーを設けるのが主流です。
故人のことを語り合いながらプランニングするのも想い出深いものになります。